この記事の監修者
【この記事の監修者】土地家屋調査士:寺岡孝幸の顔写真

土地家屋調査士:寺岡 孝幸(てらおか たかゆき)
資格:土地家屋調査士(とちかおくちょうさし)、行政書士。
取扱い分野:合筆登記など不動産の表示に関する登記全般。

経歴:開業以来20年間、合筆登記など登記に関する業務を行っています。
土地家屋調査士のプロフィールはこちら

土地の合筆のデメリットは、次の4つあります。

  1. 合筆後は元に戻すことが難しい。
  2. 合筆後は土地の一部の売却が難しくなる。
  3. 合筆後は土地の一部の担保提供が難しくなる。
  4. 合筆するには手間と費用がかかる。

ただし、この内、合筆のデメリットと確実に言えるのは、
4つ目の「合筆するには手間と費用がかかること」くらいです。

なぜなら、合筆後に、合筆前の状態に戻す必要がない場合や、
合筆前の個別の土地と同じ範囲を売却したり、
担保に入れることがなければ、それらのデメリットはないからです。

しかし、合筆のデメリットをよく知らずに合筆してしまうと、
元に戻すことが難しいため、あとで困ることもあります。

そこで、合筆の登記申請業務を行っている土地家屋調査士が、
合筆のデメリットについてわかりやすく解説致します。

スポンサーリンク

この記事を閲覧することで、合筆のデメリットが事前にわかり、
合筆によって、あなたがあとで困ることはなくなるでしょう。

合筆後は元に戻すことが難しい。

土地の合筆の登記を行うと、簡単に元に戻すことはできません。

なぜなら、「元に戻す」という内容の登記や、
「合筆前の状態に戻す」という手続き自体がないからです。

ただし、合筆する前の元の状態に戻す方法は1つあります。

それは、土地の分筆登記(ぶんぴつとうき)を行って、
合筆する前の元の状態に戻す方法です。

分筆登記を行えば、次のように、
一筆の土地を数筆の土地にわけることができるからです。

分筆後の土地の筆数や形状については、
その土地の所有者が自由に決めることができます。

しかし、分筆登記をするためには、
登記申請書だけでなく、地積測量図なども必要になります。

分筆登記に必要な地積測量図というのは、
次のような図面のことです。

分筆登記の地積測量図の例
(分筆登記の地積測量図の例)

このような地積測量図を作成するためには、
土地の周囲の境界線を隣地所有者と確認を行い、
各境界点などの測量作業も伴います。

特に、測量作業や地積測量図の作成については、
一般の人が行うには無理があり、分筆登記のすべてを、
登記の専門家の土地家屋調査士に依頼することが一般的です。

その際、費用が十数万円~数十万円かかることになります。

そのため、分筆登記によって、
合筆する前の元の状態に戻すことは可能ですが、
かなり難しい作業となり、費用もかかることになるのです。

ただ、合筆した後で、合筆前の状態に戻すことがなければ、
「合筆後は元に戻すことが難しい」というこのデメリットは、
特に問題ないことになります。

合筆後は土地の一部の売却が難しくなる。

合筆をせずに土地が数筆の個別のままであれば、
その内の一筆を売却することは、
土地の周囲の境界線が確定していれば簡単です。

しかし、数筆の土地を合筆して一筆の土地にした場合、
合筆後の土地の一部を売却するには、
分筆登記が必要になります。

なぜなら、合筆後の土地の一部を売却するには、
売却する範囲を決めて、新しい地番を作り、
売却しない範囲と地番を分ける必要があるからです。

ただし、このような場合、合筆したことが、
常にデメリットになるわけではありません。

合筆したことがデメリットになりうるのは、
合筆前の個別の土地の範囲と同じ範囲を売却する場合のみです。

合筆前の個別の土地と同じ範囲で売却するのであれば、
合筆しない方が良かったということになるからです。

逆に、合筆前の個別の土地の範囲と異なる範囲で、
売却が必要な場合には、
合筆したことがデメリットにはなりません。

具体的には、形の悪い数筆の土地を、
合筆により一筆の土地にしてから、
形の良い土地に分筆して高く売却したい場合があります。

このように、合筆後の土地の一部を売却する範囲が、
合筆前の個別の土地の範囲又は形状と異なる場合、
逆に合筆が先に必要で、合筆登記で土地を一筆にした後、
分筆登記を行う流れになるからです。

いずれにしても、合筆した後で、
土地の一部のみを売却することが無ければ、
「合筆後は土地の一部の売却が難しくなる。」
というこのデメリットは、特に問題ないことになります。

合筆後は土地の一部の担保提供が難しくなる。

土地を担保に金融機関でお金を借りる場合、
土地が一筆しかなければ、その土地全体を担保にするか、
担保に必要な分だけ分筆して土地を分けるしかありません。

しかし、もともと数筆の土地があれば、
借りる金額に応じて、
担保に入れる土地を調整することが可能です。

たとえば、500万円の融資を受けるケースで、
所有している土地が数筆あれば、
500万円分の価値の土地だけ担保に入れることができます。

逆に、土地を合筆して一筆にしていると、
その土地全体を担保提供するか、分筆登記で土地を分けて、
必要な分の土地だけ担保提供するかのどちらかになります。

つまり、合筆して一筆にまとめることで、
融資金額分に相当する土地のみの担保提供が、
難しくなることがあるわけです。

ただ、融資を受けて土地を担保に入れることが無ければ、
「合筆後は土地の一部の担保提供が難しくなる。」
というこのデメリットは、特に問題ないことになります。

合筆するには手間と費用がかかる。

合筆登記は、他の分筆登記や地積更正登記などと比べると、
一般の方でも簡単にできる登記です。

しかし、簡単にできる登記ですが、
登記申請書などを作成したり、法務局に提出したりと、
多少の手間はかかります。

合筆をしなければ、それらの手間はかからないので、
合筆のデメリットと言えるのです。

また、合筆登記をする場合、多少の費用がかかります。

合筆の費用については、自分で合筆登記をする場合と、
代理人の土地家屋調査士に依頼する場合とで、
金額が大きく違ってきます。

自分でする場合と土地家屋調査士に依頼する場合の費用
(自分でする場合と土地家屋調査士に依頼する場合の費用)

なぜなら、自分で合筆登記をする場合には、
多少の手間はかかりますが、
0円~数千円程度で済ませることが可能です。

逆に、代理人の土地家屋調査士に依頼する場合には、
ご自身はほぼ何も作業をしなくて良くなる反面、
5万円前後の費用がかかるからです。

そのため、合筆する前に、
自分でする場合と依頼する場合のどちらが良いか、
それぞれの費用対効果を比較してみる必要があります。

それぞれの合筆の費用については、
合筆の費用は?自分でする場合と依頼する場合」で、
くわしく解説しています。

なお、以前までは、合筆のデメリットとして、
合筆前の地積測量図が閉鎖されて困ることがありましたが、
現在では、合筆で地積測量図が閉鎖されることはありません。

合筆登記と地積測量図についてのご質問は、
合筆登記と地積測量図について徹底解説!」で、
1つ1つわかりやすくお答えしております。

また、あなたは合筆の7つのメリットについて確認されましたか?

まだ確認していないという方は、
合筆の7つのメリットとは?」をご確認ください。

もし、合筆登記を自分でやってみようという方は、
合筆登記を自分でする方法」を参照ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク