土地家屋調査士寺岡孝幸事務所【合筆登記の専門サイト】

合筆のことなら土地家屋調査士事務所運営の【合筆登記の専門サイト】をご利用下さい。090-1006-2151(9時~17時受付)

「合筆登記」の記事一覧

合筆登記の申請人になれるのは誰?

合筆登記の申請人になれるのは誰なのかは、不動産登記法第39条1項で、次のように定められています。 第三十九条 分筆又は合筆の登記は、表題部所有者又は所有権の登記名義人以外の者は、申請することができない。 引用元: e-G […]
合筆登記の前提として住所変更登記は必要?

合筆登記の前提として住所変更登記は必要?

合筆登記の前提として、住所変更登記が必要な場合と不要な場合があります。 もし、住所変更登記が必要な場合に、住所変更登記なしで合筆登記を申請しても、書類審査が通らず、申請の却下や取下げで困ることになります。 そのため、住所 […]
合筆登記で印鑑証明書は原本還付できる?

合筆登記で印鑑証明書は原本還付できる?

合筆登記で法務局に提出する印鑑証明書は、原本還付できません。 合筆登記で法務局に提出した印鑑証明書の原本は、法務局から戻してもらうことができないということです。 このことは、不動産登記規則第55条で、次のように明記されて […]
合筆登記で印鑑証明書は省略できる?

合筆登記で印鑑証明書は省略できる?

合筆登記で印鑑証明書は、省略できる場合があります。 ただ、土地の所有権の登記名義人が個人の場合は、印鑑証明書の提出を省略することはできません。 所有権の登記名義人が法人の場合にのみ、印鑑証明書の提出を省略でき、省略できる […]
合筆登記で印鑑証明書は必要?期限はある?

合筆登記で印鑑証明書は必要?期限はある?

合筆登記では、印鑑証明書が常に必要というわけではなく、印鑑証明書が必要な場合と、不要な場合があります。 印鑑証明書が必要な場合には、誰の印鑑証明書が必要で、作成後何か月以内の印鑑証明書が必要という期限まで、不動産登記令第 […]

合筆登記について書かれた本や書籍

合筆登記についてのみ書かれた専門書は、現在の所、見当たりません。 しかし、合筆登記について書かれた本や書籍はいくつかあります。 そこで、合筆登記について書かれた本や書籍をご紹介いたします。

登記申請先がわかる法務局の管轄区域一覧

法務局は全国各地にありますが、各法務局にはそれぞれ管轄する区域が定められています。 通常、不動産(土地や家屋)の登記申請をする場合、その不動産を管轄している法務局に対して、申請書類を提出することになります。 管轄外の法務 […]
合筆登記と地積測量図について徹底解説!

合筆登記と地積測量図について徹底解説!

合筆登記と地積測量図について、次のような疑問をお持ちの方は多いと思います。 「合筆登記で地積測量図は不要?」 「合筆登記で地積測量図は閉鎖される?」 「合筆のため地積測量図が無いとは?」 このような合筆登記と地積測量図の […]
合筆登記とは

合筆登記とは?合筆登記について徹底解説!

合筆登記について、次のような疑問をお持ちの方は多いと思います。 「合筆登記とは何?合筆登記をすると土地の地番や登記はどうなる?」 「合筆登記をするメリットは何?逆にデメリットは?」 「合筆登記ができない場合とは?」 「合 […]

合筆登記で困っていませんか?

合筆登記でお困りのあなたへ 当サイトでは、具体的に次の2つのお困りの状況によって、それぞれ簡単に解決することが可能です。 土地の登記情報、公図、地積測量図の取得でお困りの方はこちら 合筆登記を自分で簡単にできる方法はない […]